読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バツイチアラフォーの婚活日記

39歳にしてバツイチとなり、40歳までに再婚を目標としている、超草食中年の悪戦奮闘記です。

バツイチ・理解者婚活パーティーへ行ってみた!

このところ、全く婚活の話を書いていないので、婚活体験談に戻ります(^^;


バツイチ・理解者編(エクシオ)

自分もバツイチなので、興味津々で行ってみました。

すると、普段のエクシオであれば、大体8対8位の人数ですが、

今回は、12対12といつもに比べ大人数でした。


一巡してみて……

とにかく気の着いた点としては、

①お子さんがいらっしゃる方がほぼ100%

約一名を除き、全員お子さんがいらっしゃいました。

②綺麗な方が多い

これは、バツイチあるあるとしてお約束みたいですが、やっぱりそうでした(^^;

③コミュニケーション能力が高い

これも、言わずもがなですかね(^^;


結局のところ

私も、トークをできる限り頑張った甲斐があり、中間印象でそこそこの指名をいただきました。

しかしながら、お子さんをお持ちということもあり、軽い気持ちでカップルになっても、かえって申し訳ないと思い、結局最後は無記名にして帰ってきました。


パーティーを終えて

とにかく「シングルマザー」の方が多いなあというのが正直な感想です。

どなたもとても魅力的なので、パーティーのような場所ではなく、職場の同僚として出会って、毎日お話をすることが出来たなら、本気でアプローチしたかもしれません(>_<)


おまけ

私の隣の男性は、身なりがいわゆる「ヒップホップ系」でやや小太りでしたが、

とにかく「中身の薄い話」を絶え間なく続けていました。

そのヒップホップ男性の正面にいた女性は、ちょっと私の好みのルックスでしたが、その女性に対し、

「婚活パーティーあるある」やその時の武勇伝らしきことを、ひたすらしゃべっていました。

もし自分が女性だったら、

う、ウザいなあ……

と思い、聞き耳を立てていました。


そして、最終結果発表で、

そのヒップホップさんと、その向かいの女性がカップルとなったのです( ´△`)

正直愕然としましたが、

何か知らないけど、小太りの男性ってモテるなあ( ´△`)

と、ジェラシーを感じた一日でした。