読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バツイチアラフォーの婚活日記

39歳にしてバツイチとなり、40歳までに再婚を目標としている、超草食中年の悪戦奮闘記です。

相変わらず…

時間があれば、一人映画に行ってます(^-^)/

最近も気になった邦画2本を観てきました。

①家族はつらいよ

山田洋次先生の新作で、「東京家族」と全く同じ俳優陣を起用したということで、少し話題になったと思います。

僕はまだ「東京家族」を観ていなかったのですが、どうしても観たくなり土曜日の昼間に、敢えてシネコンへ行きました。

早めに館内に入ると、まだ観客はまばらでしたが、時間間際になると、そこそこ席が埋まりました。

ただ、僕以外ほとんどが年配客でした(^^;

予想以上に、若年層の観客がいませんでした。もう、妻夫木君と蒼井優ちゃんでは、若年層を引き込むことは出来ないのでしょうか(>_<)

実際に映画を観て…

まあ、ひたすら笑いましたね(^-^)/

年配客の方々が笑い上戸なこともあって、一緒になって笑いました!

昨年に観た「ギャラクシー街道」とは、雲泥の差でした。

とにかく、俳優陣がいずれも演技達者で、ごく自然に話に入り込めました。

そして一番感慨深かったのが、

妻夫木君と蒼井優ちゃんの関係性に憧れるとともに、羨ましくなったことです。

とにかく、お互いを純粋に「好き」だという感情が見事に表出されていて、「こんな付き合い方ができれば、本当に幸福だなあ」と、思うばかりでした。

この二人のエピソードに限らず、どのキャラクターも個性がしっかり立っていて、全く飽きずに観られました!

若い方には、こういう映画こそ是非とも観てもらいたいと思いました(^-^)