読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バツイチアラフォーの婚活日記

39歳にしてバツイチとなり、40歳までに再婚を目標としている、超草食中年の悪戦奮闘記です。

リズムを刻む人

映画二本立ての帰りに、地下鉄に乗っていたら、途中から若いカップルが乗ってきました。

そのカップルは、いまが正に付き合いたてなのか、何でもかんでも「ウケる」らしく、彼氏の言動に対し、彼女の方はひたすらゲラゲラ笑っていました。

まずは、その彼女さんの笑い声にイライラしていたところ、今度は彼氏のほうが、スマホケースのマグネット部分で「パチン、パチン」という音をたてまくり始めました。

自分のトークに対し、彼女側が爆笑すればするほど、調子に乗って「パチン、パチン」を多発する始末。

もはやこの二人は雑音しか生み出さないので、一刻も早くこの二人から逃げようと思い、反対側の席が空いたので、そこに避難しました。

それでも、例の「パチン、パチン」が鳴りやまないため、思わず、彼氏の方をジーっと睨んだところ、その二人はピタッと会話をやめました。

「さすがに、空気を読んだな」と思い、ホッとしたところ、今度は隣の席に座っていた中年男性が、足で意味不明なリズムをひたすら刻んでいました。

「別に音楽を聞いているわけでもないのに、何故リズムを刻めるのか?」と疑問に思いながら、今度はそのオジサンをジーっと見つめてしまいました。

こういう些細なことでイライラしちゃうのって、やっぱり世の中のカップルに対するジェラシーや孤独感からくるものなのかなあ(>_<)