読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バツイチアラフォーの婚活日記

39歳にしてバツイチとなり、40歳までに再婚を目標としている、超草食中年の悪戦奮闘記です。

「ハドソン川の奇跡」を観た。

早速観ました。クリント・イーストウッド監督の最新作です。

 

チェンジリング」「グラン・トリノ」「インビクタス」「ヒア・アフター」等々、イーストウッド監督の作品を観てきて、その度に泣かされました。

 

そして、今回の「ハドソン川の奇跡」も、しっかりと泣かせていただきました。

 

どの作品にも共通している「泣き所」があります。

 

それは、とても優しい「ピアノの旋律」が流れる場面です。

 

イーストウッド監督の映画では、あまり音楽が多用されません。その代わり、とても良い場面で「ピアノの旋律」等が効果的に流れると、必ず感極まってしまいます。

 

最近は、もっぱら邦画ばかりに片寄ってましたが、イーストウッド監督の映画は特別です。やっぱり観に行って良かったと思いました。